院長紹介

まくはりコーラス内科 院長 西村明洋

西村 明洋(にしむら あきひろ)

  • 糖尿病専門医・指導医
  • 内分泌代謝科専門医・指導医・評議員
  • 総合内科専門医
  • 医学博士

ご挨拶

みなさま、初めまして。まくはりコーラス内科院長の西村明洋です。

当院は、私が①糖尿病専門医、②内分泌代謝科専門医(甲状腺の病気など)、③総合内科専門医という3つの専門医資格を有しているため、これらに特化した診療を行ってゆきます。

クリニック名の「コーラス」には「主役の歌手をサポートする(脇役の)歌手」という意味があり、当院ではこの「主役をサポートする」という意味にちなんで「コーラス内科」と名付けました。

当院の主役は、スタッフではなく患者さんです。そして、その患者さんの人生をサポートするために私たちがいる、という理念で診療を行いたいと考えています。

病気で不安な気持ちを抱えた患者さんが「あのクリニックに行ったら安心できる・元気が出る」と感じられ、ストレスなく通院できるクリニックでありたいと考えております。

皆様どうぞよろしくお願いいたします。

院長略歴

2006年より東京都港区の虎の門病院に約15年間勤務し、糖尿病、脂質異常症(高コレステロール血症)、甲状腺疾患、骨粗しょう症、高血圧症などの診療に従事(外来約400人/月、入院常時10-30人)。

糖尿病診療では発症予防や食事・運動療法からインスリンポンプ、妊娠糖尿病などの専門性の高い診療まで幅広く対応可能。

怒ったり叱ったりせず、患者さんに寄り添いながらベストな治療を見つけてゆくスタンスで日々精進しています。

糖尿病についての英文論文や国際学会での発表多数。

二児の父。

学歴・職歴

  • 千葉県四街道市出身
  • 1997年 千葉県立千葉高等学校 卒業
  • 2004年 杏林大学医学部医学科 卒業
  • 2004年 社会保険中央総合病院(現・東京山手メディカルセンター) 初期臨床研修医(内科系)
  • 2006年 国家公務員共済組合連合会 虎の門病院 内科後期レジデント
  • 2009年 国家公務員共済組合連合会 虎の門病院 内分泌代謝科 医員
  • 2017年 東邦大学大学院医学研究科博士課程(社会人大学院) 卒業 医学博士取得

業績

2018年 欧州糖尿病学会@ベルリン 発表ポスター前にて
  • 原著論文: 12報(うち、筆頭著者/責任著者 8報)
  • 国際学会発表: 6回
  • 国内学会発表: 70回以上(うち、筆頭演者 17回)
  • 業績の詳細はこちらをご覧ください

専門とする病気

糖尿病専門医

糖尿病、脂質異常症(高コレステロール血症)、高血圧症、高尿酸血症(痛風)などの生活習慣病の診療を行います。

内分泌代謝科専門医

主に甲状腺の病気の診療を行います。また、副腎や下垂体などの「ホルモン」を作る臓器の病気や骨粗しょう症なども担当します(糖尿病もインスリンというホルモンが関係するため、実は内分泌代謝科の専門領域の一つです)。

総合内科専門医

お腹の痛み、胸の痛みなどのさまざまな体調不良の原因を突き止め、重症なら大きな病院へ紹介し(1割未満)、そうでなければ初期治療も担当します。

付録: 院長業績

(1) 原著論文(下線は責任著者)

1) Nishimura A., Kasai T., Matsumura K, Kikuno S., Nagasawa K., Okubo M., Narui K., Mori Y. Obstructive sleep apnea during rapid eye movement sleep in patients with diabetic kidney disease. J Clin Sleep Med. 2021 Mar 1;17(3):453-460

2) Nishimura A, Matsumura K, Kikuno S, Nagasawa K, Okubo M, Mori Y, Kobayashi T. (2019) Slowly Progressive Type 1 Diabetes Mellitus: Current Knowledge And Future Perspectives. Diabetes Metab Syndr Obes 12:2461-2477.

3) Nishimura A., Kasai T., Kikuno S., Nagasawa K., Okubo M., Narui K., Mori Y. (2019) Apnea hypopnea index during rapid eye movement sleep with diabetic retinopathy in patients with type 2 diabetes. J Clin Endocrinol Metab 104:2075-2082.

4) Nishimura A., Kasai T., Kikuno S., Nagasawa K., Okubo M., Narui K., Mori Y. (2018) Effect of Sleep-Disordered Breathing on Albuminuria in 273 Patients with type 2 Diabetes. J Clin Sleep Med 14(3): 401-407

5) Nishimura A., Usui S., Kumashiro N., Uchino H., Yamato A., Yasuda D., Nagasawa K., Okubo M., Mori Y., Hirose T. (2016) Efficacy and safety of repaglinide added to sitagliptin in Japanese patients with type 2 diabetes: A randomized 24-week open-label clinical trial. Endocr J 63(12):1087-1098.

6) Nishimura A., Nagasawa K., Okubo M., Kobayashi T., Mori Y. (2015) Exponential increase of glutamic acid decarboxylase (GAD) antibody titer after initiating and stopping insulin in a patient with slowly progressive type 1 diabetes. Endocr J 62:1077-1082.

7) Nishimura A., Kasai T., Tamura H., Yamato A., Yasuda D., Nagasawa K., Okubo M., Narui K., Mori Y. (2015) Relationship between sleep disordered breathing and diabetic retinopathy: Analysis of 136 patients with diabetes. Diabetes Res Clin Pract 109:306-311.

8) Uchida T., Nishimura A., Kasai T., Kikuno S., Nagasawa K., Okubo M., Narui K., Mori Y. (2020) Relationship between obstructive sleep apnoea during rapid eye movement sleep and metabolic syndrome parameters in patients with type 2 diabetes mellitus. Sleep breath https://doi.org/10.1007/s11325-020-02129-7

9) Akuta N., Kawamura Y., Watanabe C., Nishimura A., Okubo M., Mori Y., Fujiyama S., Sezaki H., Hosaka T., Kobayashi M., Kobayashi M., Saitoh S., Suzuki F., Suzuki Y., Arase Y., Ikeda K., Kumada H. (2018) Impact of SGLT2 inhibitor to histological features and glucose metabolism of non-alcoholic fatty liver disease complicated by diabetes mellitus. Hepatol Res 49:531-539.

10) Matsumura K., Nagasawa K., Oshima Y., Kikuno S., Hayashi K., Nishimura A., Okubo M., Uruga H., Kishi K., Kobayashi T., Mori Y. (2018) Aggravation of diabetes, and incompletely deficient insulin secretion in a case with type 1 diabetes-resistant HLA DRB1*15:02 treated with nivolumab. J Diabetes Investig 9:438-441.

11) Arai M., Nishimura A., Mori Y., Ebara T., Okubo M. (2014) Hypertriglyceridemia and pancreatitis in a patient with apolipoprotein E7 (p.[E244K; E245K])/E4. Clin Chim Acta 436:188-192.

12) Yakushiji F., Funaki Y., Yamakawa K., Kudo A., Fujita H., Yasuda M., Nishimura A., Nagasawa K., Ishido H., Yoshikawa T., Kinoshita H. (2012) The AutoShield Pen Needle is useful for preventing accidental puncture while administering insulin to others by injection. J Diabetes Sci Technol 6:723-724.

13) 坂本 憲一, 長澤 薫, 石黒 喜美子, 西村 明洋, 大久保 実, 山城 慶子, 小沼 富男, 森 保道. (2014) 亜鉛アレルギーを有する2型糖尿病の膵臓癌周術期にグルリジンのCSIIを適応した1例.

14) 長澤 薫, 西村 明洋, 大久保 実, 岡 佳子, 今 寿賀子, 古賀 千悠, 竹林 明枝, 東梅 久子, 北川 浩明, 森 保道 (2010) 妊娠悪阻による血糖値の変動にCSIIとカーボカウンティング法が有用であった1型糖尿病合併妊娠の1例. 糖尿病 53:351-356.

(2) 国際学会発表

1) Nishimura A., Kasai T., Matsumura K., Kikuno S., Nagasawa K., Narui K., Mori Y. (2020) Sleep apnoea syndrome and macrovascular complications in patients with type 2 diabetes. 56th European Association for the Study of Diabetes annual meetings Vienna (virtual meeting)

2) Nishimura A., Kasai T., Ikeda S., Uchida T., Kikuno S., Nagasawa K., Okubo M., Narui K., Mori Y. (2018) Sleep disordered breathing during rapid eye movement sleep and diabetic kidney disease in patients with type 2 diabetes. 54th European Association for the Study of Diabetes annual meetings Berlin

3) Nishimura A., Kasai T., Matsumura K., Kikuno S., Nagasawa K., Narui K., Mori Y. (2017) Association of apnea hypopnea index during rapid eye movement sleep with diabetic retinopathy in patients with type 2 diabetes. 53rd European Association for the Study of Diabetes annual meetings Lisbon

4) Nishimura A., Usui S., Kumashiro N., Uchino H., Yamato A., Yasuda D., Okubo M., Mori Y., Hirose T. (2015) Efficacy and safety of repaglinide added to sitagliptin in Japanese patients with type 2 diabetes: a randomized 24 week open-label trial. 51st European Association for the Study of Diabetes annual meetings Stockholm

5) Nishimura A., Kasai T., Ishiguro K., Nagasawa K., Okubo M., Narui K., Mori Y. (2013) Relationship between sleep disordered breathing and diabetic retinopathy. 73rd American Diabetes Association scientific session Chicago

6) Uchida T., Nishimura A., Kasai T., Kikuno S., Nagasawa K., Okubo M., Narui K., Mori Y. (2018) Relationship between sleep disordered breathing during rapid eye movement sleep and coronary risk factors in patients with type 2 diabetes mellitus. 78th American Diabetes Association scientific session Orlando

タイトルとURLをコピーしました